FERTILIZER

肥 料 部 門

FERTILIZER

肥料部門

①葉面散布肥料の開発・製造・販売

②土壌改良肥料の開発・製造・販売

③農薬の販売

葉面散布剤

商品名 カルキング®
特長 ・蟻酸カルシウム100%(酸化カルシウム・CaOとして42%)を含有する。
・白色微粉末で水への溶解が非常に速い。
・低分子カルシウム(分子量:130)のため、葉面の気孔から速やかな吸収が期待できる。
・蟻酸カルシウムは植物体内では蟻酸と酸化カルシウムに分離され、それぞれ吸収され効果を発揮する。
成分名 蟻酸カルシウム(英名:calcium formate)
化学式 Ca(HCOO)₂
色調 白色~黄白色
質量 130.113g/mol
水溶解度 16.6g/100mL(20℃)
溶解度合 エタノールに不溶
肥料登録 特殊肥料・愛知県 農業経営課922取得
蟻酸カルシウムの製造方法
  • ・一酸化炭素または蟻酸と、水酸化カルシウムとの反応により得られる。
  • ・工業的にはホルムアルデヒドと、水酸化カルシウムまたは過酸化カルシウムとの反応により製造される。
  • ・トリメチロールプロパンをはじめとするポリオール類製造時の副産物としても生じる。
  • ※「カルキング」の蟻酸カルシウムは自動車用ポリウレタン樹脂塗料を製造するために生成されたトリメチロールプロパンの副産物に由来する。
蟻酸のトリビア
  • ・蟻酸は蟻が尾端に溜めて攻撃に供するために用いる毒であることから由来する。
  • ・果物・木の実・乳製品・発酵品等にも含まれる天然成分である。
  • ・防腐性や抗菌性を促す物質である。
商品名 カルキングT
特長 ・蟻酸カルシウム100%(酸化カルシウム・CaOとして41%)を含有する。
・白色微粉末で水への溶解が非常に速い。
・低分子カルシウム(分子量:130)のため、葉面の気孔から速やかな吸収が期待できる。
・蟻酸カルシウムは植物体内では蟻酸と酸化カルシウムに分離され、それぞれ吸収され効果を発揮する。
・トレハロースによる展着効果により、作物葉面にカルシウムがより付着しやすくなる。
成分名 蟻酸カルシウム(英名:calcium formate)
含有量 重量比で95%、酸化カルシウム(CaOとして)41%を含有
成分名2 トレハロース(英名:trehalose)
含有量 重量比で5%を含有
肥料登録 特殊肥料・愛知県 農業経営課922取得
商品名 カルキングM
特長 ・蟻酸カルシウム100%(酸化カルシウム・CaOとして41%)を含有する。
・白色微粉末で水への溶解が非常に速い。
・低分子カルシウム(分子量:130)のため、葉面の気孔から速やかな吸収が期待できる。
・蟻酸カルシウムは植物体内では蟻酸と酸化カルシウムに分離され、それぞれ吸収され効果を発揮する。
・マルトースによる展着効果により、作物葉面にカルシウムがより付着しやすくなる。
成分名 蟻酸カルシウム(英名:calcium formate)
含有量 重量比で95%、酸化カルシウム(CaOとして)41%を含有
成分名2 マルトース(英名:maltose)
含有量 重量比で5%を含有
肥料登録 特殊肥料・愛知県 農業経営課922取得
商品名 メイトーキチン
特長 ・キトサンは分子中に遊離アミノ基が存在し、このアミノ基は糸状菌の細胞壁のうえに存在する酸性基にイオン結合して、病原菌の増殖を阻害します。
・キチナーゼという酵素を菌体外へ分泌し、細胞膜にアミノ基を多く持つ放線菌が増殖します。この放線菌はキトサンを餌として増殖するので、土壌団粒化を促進させて酸素の流通をよくすることで発根を促進したり、肥料の分解を助け植物に吸収しやすくしたり、除塩効果をもたらします。
・これらの効果により、植物に大切なたんぱく質の合成や発芽発根に必要な栄養成分の吸収に良い土壌環境を整えることに寄与します。
・メイトーキチンは良質な粉末キトサンを特殊な技術を用いて液状化しています。臭いも少なく使いやすい葉面散布剤です。
取扱い上の注意 ・保管は密栓し、直射日光を避け凍結しないような場所で保存してください。
・他剤との混用の場合は、混和性・薬害などを確認のうえ使用してください。
・小児の手の届くところに置かないでください。
・作業の際は保護具を装着のうえ、作業後は手足・顔などを石けんでよく洗いうがいをしてください。
・残液や空容器の廃棄においては、関連法規・規則並びに地方自治体の基準に従い処理してください。
肥料登録 家庭園芸肥料 生第86965号

水稲追肥投げ込み肥料

商品名 水稲追肥投げ込み肥料 メイトーなげこみ「ネコみみ立てた!」
特長 ・水溶性カリと可溶性ケイ酸により稲の発根と分げつを促します。
・倒伏軽減になり、胴割れやシラタの発生を減少させます。
・登熟度合いが高くなり、食味が向上するとともに収量も増加します。
・作業が楽になる、投げ込みパック材です。
成分量 ・水溶性カリ 20%  ・可溶性ケイ酸 10% ・水溶性ホウ素 0.5%
水稲にケイ酸カリ
が必要な理由
これまで日本の米作りは増産と食味向上のイノベーションによって進化してきました。時代はすすみ、構造改善された広大な水田、豊富な水が使える灌漑設備による作業の効率化や農業資機材や化成肥料、水稲専用農薬の普及による省力化は進んだように見えました。
ところが、灌漑用水の低養分化や稲藁の鋤き込み不足、微量要素肥料の削減などにより粗放管理化した結果、収穫前の悪天候で倒伏が増えたり、増収できたものの米食の需要低下による市況価格の下落に振り回されるなど、必ずしも耕作者にとって米作りの環境がよいとは言えない時代になってきました。
一方、水稲は移植40日~50日頃の中干し直前において加里と珪酸が不足することが近年の研究でわかってきました。しかしながらこの時期の追肥は、使える肥料の種類が少ないことと省コスト・省力化の観点から施肥がしづらいことが課題となっていました。
この問題に弊社は「安心・安全と最良な効果発現」を追求し、各分野の職人技を駆使して本製品の開発に取り組みました。最先端の省力化肥料を是非お試しください。
肥料登録
混合加里肥料 生第102598号
商品名 水稲追肥投げ込み肥料 メイトーなげこみ「八泡くん」
特長 ・水溶性カリと可溶性ケイ酸により稲の発根と分げつを促します。
・籾の栄養不足による胴割れ米やシラタの発生を減少させます。
・登熟度合いが高くなり、食味が向上するとともに収量も増加します。
・省力化に貢献する、扱いやすい水溶性投げ込みパックタイプです。
成分量 ・水溶性カリ 20%  ・可溶性ケイ酸 10%  ・水溶性ホウ素 0.5%
肥料登録
混合加里肥料 生第102598号

水稲用特殊肥料 (アオウキクサ発酵堆肥)

商品名 コメとれ~る®
特長 ・育苗時期の成長促進 (根張りの良さ)
・田植え初期の茎数及び有効穂数の確保
・整粒歩合の向上・収量向上
成分 アオウキクサ由来の特殊脂肪酸
デキストリン

お問い合わせはこちら

052-218-6023

愛知県名古屋市中区錦1-13-19

愛知県名古屋市中区錦1-13-19

052-218-6023